経済政策も安全保障政策も

政府与党の考えに近いので例えば、8月6日に首相が非核三原則に触れなかったことがことさら批判されているのにはついつい同情してしまうし、そんなことよりも8月6日の声明では日本が核兵器不拡散条約の合意に向けて積極的に行動しているというこちらの内容がとても重要で、「核兵器のない世界」の実現はリベラルな人達にも十分訴える内容だとおもうのですが、評価する声は余り聴かないんですよね。

平成27年8月6日 広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式あいさつ

これは国民一丸となって後押しするべき方針ではないのかな、と。

余談ですが非核三原則の国是は法律として明文化されているわけでもないのに、安全保障で立憲主義や法の支配持ち出し、慎重な運用を諭す(というかとにかく反対する)人達はその曖昧さを放置していて、なんだかなぁ感は常に感じています。そもそも、核兵器の被害国が核を持たないと宣言することに何の意味があるのでしょうか。核兵器を持たず持ち込まずに関わらず原子爆弾を落とされたというのに、です。そして、その被害国の追悼の式典で被害国の代表が同胞から批判されるという、なかなかに侘しい光景を私たちはどういう思いで見つめれば良いのでしょうか。

核兵器保有国に非核三原則を広めるんだというのであれば大賛成です。それがさきほどの日本政府の取り組みではないでしょうか。ですので、私としては日本が「核兵器のない世界」に向けて行う取り組みについては心から応援したいところです。是非皆様も。