PENTAX SPを入手


しました。今年の3月。ずいぶん前です。福岡に天神という繁華街があるんですが、そこのいつも行く中古カメラやで1980円!のなぜか半額セールで、990円で購入しました。

fig001

 

一応ジャンク扱いだけどシャッターの布幕も別に光り漏れしている感じはなく、シャッター速度変えて空シャッター切ってみるとなんとなく指定のシャッター速度でている感じです。中古カメラは裏蓋結合部のモルトと呼ばれる別珍みたいな布素材で遮光している箇所がまずヘタるのですが、そこもまずます良い感じでした。ちなみにこの箇所は簡単に補修できるのでモルトのヘタりでジャンク扱いになっている個体があればお買い得です。サルベージしましょう。

fig006
レンズはずいぶん前にタクマーの35mm/F3.5を購入済み。こちらはタクマーレンズの中で一番安くて、LXにマウントアダプタつけて取っていましたが、いよいよアダプタなしのボディと出会うことが出来ました。

fig004
シャッターボタン廻りはこんな感じです。オーソドックスな感じですね。シャッターボタンと巻き上げレバーの間にある小窓はフィルム巻き上げ時(シャッターチャージ時)にオレンジ色になります。フィールドで試してみないと分からないですが地味に便利かも。巻き上げレバーは遊びがほとんど無いので巻き上げレバーに常時指を掛ける撮影スタイルの方(私ですが)には速写性で不便を感じるかも。

fig002
巻き上げクランプ部のところはこんな感じですね。フィルムの種類をメモ的に記録できるのはいろいろフィルムを塚分けている人には地味に便利機能かも。カラーはデイタイプとタングステンタイプが指定できます。モノクロはパンクロームとなっています。時代を感じますね。EMPTYもあるけど、巻き上げクランプくるくるまわせばフィルムのあるなしくらいすぐに分かるだろうとはおもいますです。

fig003
レンズマウント部分はこんな感じ。セルフタイマーも動作ばっちりです。シンクロ端子はまだ未チェックです。フラッシュ撮影はあまり行わないので問題ないかも。

fig005
ファインダーに影があって、良く見ると異物が混入しているようです。ブロワーで簡単に吹き飛ばせる感じではないのでそのまま使います。これがジャンクの理由かも。写りには影響なさそうだし。

ちょろっと掃除して、分解清掃まではしなくてもよさそうなので、はやめにフィールドに持ち出したいとおもいます。以前からスクリューマウントのPENTAXが欲しくて、まぁ元々高いものでもないのですが、お買い得のいい個体が入手できて満足です。

そんなとこです。