【2016イタリア旅行】ポンペイの悲劇を訪ねる

ソレントの駅からは鈍行の列車に乗り18時少し過ぎた頃にポンペイに着いた。18時までの受け付けだけど大目に見てくれた。となりのアメリカ人のグループは大げさに喜んでいた。僕らも嬉しかったのだからあれくらい喜んでも良かった。感情を、特に良い感情をすなおに表現できるのはすばらしいことだ。

いよいよポンペイの中に入る。想像以上に広い。
P1000286

広大なはずだ。ポンペイは79年に起きたヴェスヴィオ火山の噴火により埋没した都市で最盛期は2万人の人々が住んでいたそうだ。当時の生活は火砕流により町並みや建物、調度品はもちろん人々や動物までそのまま真空パックのように保存された。遺体は朽ちて空洞となり考古学者はそこに石膏を流し込み亡くなった姿を再現させた。
P1000290

こちらの小さな子供は表情もうっすらと分かる
P1000289

犬の死体も復元されていた。窮屈そうなポーズが痛ましい。
P1000291

所々にこうした丸い穴が空いている。これは食堂や居酒屋などが鍋や皿を置いて提供していた後らしい。
P1000294

こういうお店の造りは大体おいしいお店だと思う。
P1000320

現在と変わらないパンやワインも発見されている。トマトは後の時代だからこの時はなかっただろう。奴隷も主人も同じ食べ物を食べていたらしい。豊かな都市だったようだ。

道路は歩道と馬車の通る車道で別れている。車道が低い位置にあるので横断歩道は飛び石状になっている。轍の跡が深くて場所の行き来は大変そうに見えるが、当時はもうすこしなめらかだったのだろうか。
P1000318

建物の壁は場所によってはきれいな色がそのまま残っている。これも火砕流で閉じ込められたおかげで風化を免れたのだろう。
P1000296

P1000315

P1000325

これは猛犬注意の案内だそうだ。かわいい。今でも通用するデザインだとおもう。
P1000297

この床の絵も立派だ。戦いの場面だろうか。
P1000306

こちらも床に描かれている絵
P1000316

床はタイルの模様も美しい
P1000307

P1000309

P1000312

P1000314

壁にはこういう文字も書かれている。看板の役目をしていたのだろうか。
P1000317

壁に描かれた絵もきれいに残っている。贅沢な邸宅の基本的な造りはこの頃から変わりない。
P1000322

P1000324

街の外れに競技場もあった。こちらは時間切れで中に入ることが出来なかった。遠くに白い月が見える。
P1000327

ポンペイは19:30くらいまで空いているのだがその中の競技場や有名な邸宅などは早めに閉まる。施設全体の終了まで合わせて欲しい。こちらの競技場もいずれ観たい。旅の宿題にしよう。

彫刻もすばらしいものが幾つもあった。
P1000329

彫刻の題材は歴代の先祖がおおいそうだ。
P1000330

夕日に照らされるヴェスヴィオ火山。大噴火の事実はなかったかのような穏やかな山容
P1000333

以上、急ぎ足で見学して、まだまだ見たりない思いをしながら公園の外へ。外にはガラスの施設があり、そちらにも石膏で復元された遺体がいくつか展示されていた。

こちらは親子の像。切ないな。
P1000335

ここにも子どもが
P1000336

うつぶせで息絶えたのだろうか。
P1000337

折り重なった人々
P1000338

顔の骨格までわかる。
P1000339

これは苦痛の表情が見て取れる
P1000340

こちらも頭部の骨格がリアルだ
P1000341

複数の遺体をまとめて見ると、凄惨な状況が目に浮かぶようだ。
P1000342

そして、こちらはポンペイの野良犬。ポーズは似ているけどさきほどのポンペイで埋もれた犬とは違ってなんだかおだやか。悲しい場面ばかり見てきたので癒やされる
P1000344

発見時は建物や美術品が往時の鮮やかさで残っていたポンペイ。いまでは風化もすすみいくつかの建物が倒壊したり色あせたりしているそうだ。人の目に触れるとどうしても時間は進んでしまう。止めることは出来ないのだろうな。

さて、ナポリにとりあえず戻ろう。
(つづく)

Thetaで撮影したポンペイの町並み

ポンペイの町並み。道路は車道と歩道が別れていて横断歩道もある #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA