こころより


のお手紙書く際にいい感じのレターセットが欲しいと近所の文房具屋さんに行って、最適な便せんをみつけました。「こころより」

fig001

とてもシンプルなパッケージで会社名とかもないのですが、ライフという文房具メーカーがあってノートとかで有名な、そこの製品のようです。

製品についてですが、紙の質が良く、適度な厚みがあります。この間紹介した万年筆などの肉厚なインクもしっかり受け止めて裏写りなしです。罫線は活版印刷仕上げとのことで、微かな立体感が見目麗しく映えますね。

fig002

 

書いたお手紙は同じシリーズの封筒に入れます。サイズの規格は長型4号ですかね。B5の用紙がしっくりくる大きさ。便せんは3つ折りで入れます。できれば二つ折りで入れば丁度良かったのですが、そこは目をつぶります。質感が揃っているのでいい感じですね。

fig003

 

封筒入れたら素敵な切手を貼って送りましょう。ポストから郵便局から局員さんからいろんな施設や人の手を経て大好きなあの人の元へ届きます。2枚目の写真で勧酒の井伏鱒二訳を書いているんですが、さよならだけが人生だとしてもお手紙送ればさよならの寂しさをほんの少し和らげてくれるかもしれませんね。送りましょう。

そんなとこです。