雑誌のオマケに万年筆


が付いていたので買ってみました。DIMEの7月号。BEAMSとのコラボみたいですね。

fig001

 

万年筆は目にも鮮やかオレンジ色。BEAMSのコーポレートカラーみたいですね。キャップにはBEAMSのロゴがあしらわれています。キャップ開けると懐かしの万年筆。最後に触ったのはいつでしょうか、覚えていないほど久しぶりです。そういえばこんな形していましたよね。ちなみに私たちの世代、中学校の入学祝いは万年筆が定番でした。大人の筆記具!て感じですよね。そしていきがって制服のポケット入れてインクこぼれて母親に叱られるまでがワンセットです。

fig002

書き味は…万年筆に詳しくないので良くわからないですが、万年筆です。あぁ、こんな感じだったなという懐かしい書き心地。筆圧のかけ方が他の筆記具と違って新鮮です。試し書きをしてみました。お代は万年筆。

fig003

いいですね〜特に「筆」という文字がいいです。適度な画数、わりと単純な構造、竹の存在感、まさに万年筆向けの文字と言えましょう。

今月号のDIME、税込780円です。カジュアルな万年筆の相場が分からないですが、雑誌込みでこの価格はお買い得ではないでしょうか。ちなみにDIMEのKindle版が500円。ということは万年筆280円かぁ。やすいですね。しばらくはさらさら文字をしたためたいとおもいます。

そんなとこです。